社説

今後生き残るのはどの種類!?いま注目の仮想通貨をご紹介!

2017年は仮想通貨元年と呼ばれ、ビットコインやイーサリアムをはじめとする仮想通貨に大きな注目が集まっています。しかし、今後すべての仮想通貨が生き残るとは限りません。そこで今回は、今後生き残る通貨の特徴や条件について考えていきましょう。

時価総額ランキング上位の仮想通貨

各仮想通貨の時価総額をお伝えする前に知る必要があるのが、仮想通貨全体の時価総額についてです。全仮想通貨の時価総額の合計は2017年11月1日時点で過去最高の1840億ドル(約21兆円)に達したことが伝えられています。(ウェブサイト「コインマーケットキャップ」より)

では、早速時価総額ランキング上位の仮想通貨の紹介に移りたいと思います。

Bitcoin(ビットコイン)

ビットコインはブロックチェーンの技術を用いてP2P(ピアツーピア)ネットワーク上でお金の取引を行うことができるのが特徴です。仮想通貨の基軸通貨と表現されることもあり、いま最も時価総額の高い仮想通貨です。尚、ビットコイン以外の仮想通貨のことをアルトコインと呼びますが、根本的な仕組みはビットコインと大きく変わりません。

Ethereum(イーサリアム)

ビットコインの次に時価総額が大きいのがイーサリアムです。スマートコントラクトという仕組みにより、お金の取引に加えて契約の自動化も実行することが可能です。

Ripple(リップル)

リップルは、国際決済のための分散型台帳ネットワークのことを指します。仮想通貨の中には運営元がハッキリしない場合もありますが、リップルは米国のRipple Incによって運営されています。リップルは、Googleが出資したことでも注目を集めています。

Dash(ダッシュ)

ダッシュは、以前はダークコインという名称でしたが後にダッシュに改名されました。匿名性に優れ、即座に送金が完了するのが特徴です。暗号化方式としては、「scrypt」よりも消費電力が少なくセキュリティに優れているとされる「X11」が採用されています。

今後生き残る仮想通貨の特徴

ここまでで挙げた仮想通貨は時価総額が大きく、評価が高いので当面は有望と考えられます。ですが、長い目で見た時にどのような仮想通貨が生き残るのでしょうか。
まず、ビットコインは先発の仮想通貨として今後も存続する可能性が高いと考えられます。

ビットコインはボラティリティが高く通貨としては適さないことや取引の承認に時間がかかるといった問題を抱えています。ビットコイン以外の仮想通貨が生き残るためにはこれらの問題を補ったり解消できることが重要です。もしビットコインと同じ機能しか持たない仮想通貨が登場しても、多くの人はビットコインを選ぶでしょう。

編集後記

この記事では、「時価総額ランキング上位の仮想通貨」、「今後生き残る仮想通貨の特徴」についてお伝えしてきました。この記事を参考に、より有力な通貨を見つけていただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
ビットコイン新聞社編集部です。どんな生活をしている人間がこのサイトを運営しているのか気になる人はインスタグラムをご覧ください。編集部の日常を公開しております。仮想通貨の運用は全員合わせても3000万円程度です。保有銘柄はBTC、BCH、BTG、XRP、LTC、ADA、DOGE、ETH、XMR、XEM、TRX、XP、PAC、TIRG、その他には「Bankera」などのICOにもたくさん投資しております。

関連記事

  1. 確定申告の時期到来!ビットコイントレードにおける利益が出ている場合につ…

  2. 出川組 VS 剛力組の抗争勃発か!?仮想通貨取引所の仁義なき広告戦争!…

  3. 【閲覧注意】ビットコイン暴落で阿鼻叫喚のツイッター呟きまとめ(2018…

  4. 仮想通貨のコールドウォレットとホットウォレットの違いとは?

  5. ビットコインの基軸通貨としての可能性は?

  6. ビットコインの利益額に対する税金を納税しなかった場合についての刑事罰や…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

最近の記事 おすすめ記事

Official Twitter

編集部オススメ通貨現在価格





PAGE TOP

社説

出川組 VS 剛力組の抗争勃発か!?仮想通貨取引所の仁義なき広告戦争!!傍観する…

社説

確定申告の時期到来!ビットコイントレードにおける利益が出ている場合について

社説

ビットコインでもアービトラージ(裁定取引)ができるのは本当か?

アルトコイン

仮想通貨取引所「コインチェック」業務改善計画提出後の記者会見まとめ

アルトコイン

【悲報】ハッキングされた仮想通貨NEMが今でもダークウェブで購入できる状態に!?…

草コイン

【速報】XPがBITINDIA(ビットインディア)取引所の上場投票で上位獲得中!…

社説

あなたはネカマを見抜けるか?仮想通貨ブロガーにネカマが繁殖した理由とは?

アルトコイン

CoinCheck元社員が計画倒産を断言?書き込みしたネット掲示板の真贋を調査

社説

仮想通貨のコールドウォレットとホットウォレットの違いとは?

アルトコイン

【速報】コインチェックから5億2300万XEMが送られたアドレスが先ほどから稼働…