社説

【閲覧注意】ビットコイン暴落で阿鼻叫喚のツイッター呟きまとめ(2018年1月保存版)

2018年1月17日、ビットコインが暴落しました。他のアルトコインも暴落し、新規参入して痛い目に遭われた人も多くいることでしょう。疾風に勁草を知るとはまさにこの日の出来事です。

そこで本日は、この日に起きた主要ツイートをご紹介します。(随時更新中・自薦他薦不問)

ビットたけし@浅草コイナー氏

ここにきて、ビットたけし@浅草コイナー氏は、V字のコマネチ回復を見せるとの予想です。さすがと言う他ありません。泰然自若とした様子です。

中には過去を分析して冷静なツイートをされる方も見受けられます。

January Dipと呼ぶそうです。

仮想通貨ブロガーに転向したイケダハヤト氏

数時間後。

数時間後。

取り乱しつつ、ブロガーなのでブログのアクセスが増えてやはり嬉しい様子が伺われます。意外と素直なところがあるようです。

ドバイに移住したリップル推しの与沢翼氏

情報商材のマーケティングで一世を風靡し、秒速で億を稼ぐ男などと讃えられた与沢氏はリップル信者として有名ですがこの有様です。

奥さんのポルノ写真にご執心の模様。ドバイ在住のため日本との時差があり、まだ夜が明けていない模様です。

与沢氏の仮想通貨資産も相当減ったのでしょう。

このような呟きも。

やはり、元のFXの土俵に帰るのでしょうか?

お目覚めのご様子です。

与沢氏は怒り心頭に発して誹謗中傷する者を名誉棄損でしばくと豪語。

今から12億1800万利益確定した証拠より、氏の節税方法について知りたい今日この頃。

パソコンはDELL愛用。

ぐうの音も出ない正論を仰る方も

キャベツは調べたところ現在はかなり高値の模様。

この日の様子を画像イメージで表した模様

チャートによって安心感を与える模様

ここで億円を入れる猛者三崎優太氏

中にはこの暴落が買い時だと予測して億円単位のJPYを入れる猛者も出現。

ETHとBCHに変えた様子。

ADA(エイダ)で億っていた模様

億り人と言う造語が生まれた仮想通貨市場ですが、対義語に近い言葉あります。それはイナゴです。ここでもう一度イナゴトレーダーについておさらいしておきましょう。取引所のチャットなどで、よく「イナゴ、イナゴ」と言われますがあれは何を意味する言葉なのでしょうか?

イナゴトレーダー(イナゴ)とは

イナゴトレードとは、バッタの種類であるイナゴが稲穂に群がるように、魅力的な銘柄に小口投資家が群がる様子を表した俗語です。こうして出来上がる急騰チャートをイナゴタワーと呼びます。

稲の写真

ちなみに一口にイナゴ投資家といっても、さまざまな種類があります。ウィキペディアの分類が分かりやすいので、転載しておきます。

高速イナゴ

電光石火のようなスピードを持ち味とする「イナゴ」。銘柄に関する材料となる情報が出るやいなや内容の確認などはせず、とりあえず飛びつき取引を行う。他の「イナゴ」が乗り遅れる銘柄の暴騰に間に合う点で強みがある一方、さして材料とならないような内容の情報も少なくないことから、結局のところ損切りで終わることの方が多いとされる。また、稀に「共食いイナゴ」に変化する。

下級イナゴ

銘柄に関する情報が流れた際に、その情報を分析する能力が備わった「イナゴ」。しかしその分析能力は極めて低く「凄そう」という程度の理由でも飛びつき取引する。情報分析に時間がかかる分だけ、「高速イナゴ」に比べて、「乗り遅れる」ことも多いことから、「共食いイナゴ」の「エサ」になる場合も多い。

上級イナゴ

「下級イナゴ」の変化系。情報精査に関する能力が格段にアップしており、無駄打ちが少ないのが特徴。あえて他の「イナゴ」達が荒らした後に入ることも多いが、その分乗り遅れることも多いことから、「イナゴ心」を忘れてしまった「イナゴ」とされている。

養分イナゴ

他の「イナゴ」のATM代わりに存在する「イナゴ」。株価の上昇が終わった銘柄に飛び乗って、皆にお金をばらまいている。自分が損した銘柄の情報提供者への怨恨は凄まじい。「煽りイナゴ」に進化する。

神風イナゴ

「養分イナゴ」の神風特攻隊。イナゴタワーのトップ。節目付近の誰がどうみても崩壊直前で10~50倍くらいの買いを入れる。こいつが現れた時点でタワーの崩壊が確定する。仮想通貨によく現れる。

煽りイナゴ

「養分イナゴ」の変化系。ただお金をばらまくだけだったのが、執拗な買い煽りを繰り返し、皆を巻き込もうとする特殊能力が備わった迷惑極まりない「イナゴ」。

共食いイナゴ

「高速イナゴ」の進化系。誰よりも早く乗った銘柄を、遅れてきた「イナゴ」に売りつける「イナゴ殺し」の「イナゴ」。昨今このタイプの台頭が凄まじく、高騰銘柄が長続きしない元凶でもある。別名「ババ抜きイナゴ」。

反発イナゴ

「共食いイナゴ」の進化系。イナゴタワー崩壊後に発生する強烈なリバウンドだけを狙って他のイナゴを食い物にする。どの価格でどの程度のリバが発生するか予測出来る熟練のイナゴであり、僅か数秒~数十秒の価格変動でポジを変える能力を持つ。

殿様イナゴ

「イナゴ」界のレジェンド。特定の掲示板などで崇拝されている「イナゴ」で、他の「イナゴ」とは違い、あえて先に特定の銘柄を仕込み、その後銘柄名を叫ぶことによって「イナゴ」達を飛びつかせる手法を取る。叫んだ銘柄は必ず騰がるので負け知らずの名実ともに最強「イナゴ」である。

参考:Wikipediaイナゴ投資家の種類より

そして、これらのイナゴをまとめて養分にすることを仕手集団のイナゴ焼きと言います。

イナゴ焼きの写真

気持ち悪いですね。今回の暴落で養分となったイナゴはたくさんいるはずです。食事中の方がいたら申し訳ありません。タイトルにしっかり閲覧注意と書きました。

編集後記

イナゴが焼き払われた可能性が高いので、私どもビットコイン新聞社では戦闘資金を600万円ほど追い金致します。それは人と同じことをやっていたら金は持てないだろうとの確信からです。

お金の写真
仮想通貨トレーダーの皆様、今は耐え難きを耐える時期です。心折れることなく、現ナマを見て精力を取り戻しましょうね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
ビットコイン新聞社編集部です。どんな生活をしている人間がこのサイトを運営しているのか気になる人はインスタグラムをご覧ください。編集部の日常を公開しております。仮想通貨の運用は全員合わせても3000万円程度です。保有銘柄はBTC、BCH、BTG、XRP、LTC、ADA、DOGE、ETH、XMR、XEM、TRX、XP、PAC、TIRG、その他には「Bankera」などのICOにもたくさん投資しております。

関連記事

  1. ビットコインとは一体なんなのか?

  2. ビットコインでもアービトラージ(裁定取引)ができるのは本当か?

  3. ビットコイン振り込め詐欺発生!250万円を騙し取られる

  4. HYIPっていったい何?ビットコイン投資詐欺の危険性

  5. 出川組 VS 剛力組の抗争勃発か!?仮想通貨取引所の仁義なき広告戦争!…

  6. Segwit2xハードフォークの凍結でビットコインの未来がどう変わるの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

最近の記事 おすすめ記事

Official Twitter

編集部オススメ通貨現在価格





PAGE TOP

社説

出川組 VS 剛力組の抗争勃発か!?仮想通貨取引所の仁義なき広告戦争!!傍観する…

社説

確定申告の時期到来!ビットコイントレードにおける利益が出ている場合について

社説

ビットコインでもアービトラージ(裁定取引)ができるのは本当か?

アルトコイン

仮想通貨取引所「コインチェック」業務改善計画提出後の記者会見まとめ

アルトコイン

【悲報】ハッキングされた仮想通貨NEMが今でもダークウェブで購入できる状態に!?…

草コイン

【速報】XPがBITINDIA(ビットインディア)取引所の上場投票で上位獲得中!…

社説

あなたはネカマを見抜けるか?仮想通貨ブロガーにネカマが繁殖した理由とは?

アルトコイン

CoinCheck元社員が計画倒産を断言?書き込みしたネット掲示板の真贋を調査

社説

仮想通貨のコールドウォレットとホットウォレットの違いとは?

アルトコイン

【速報】コインチェックから5億2300万XEMが送られたアドレスが先ほどから稼働…