社説

ビットコインの先物上場は仮想通貨市場にどんな影響を与える?

提供開始から様々な話題で世間を賑わしているビットコインですが、2017年の目玉ニュースといえば、ビットコイン先物上場を巡った一連の動きではないでしょうか。そのビットコインの先物が、仮想通貨市場にどういった影響を与えるのかを確認してみます。

先物取引とは?

まず先物取引について簡単に説明してみます。先物取引は、デリバティブ商品の一種で、デリバティブとは、別名で金融派生商品ともいわれています。これは、一般的な金融商品から、より派生した取引のことを指して、ある商品の将来の価格を予測して、取引する先物取引も該当します。具体的には、ある商品が将来の特定の期日に、いくらになっているかを予想する取引です。簡単にいえば、特定商品を○○円、○○ドルで、売り買いする権利を取引するのが先物取引です。

先物取引のメリット

先物取引がビットコインにどういった影響を与えるかを知るための予備知識として、先物取引のメリットも確認しておくとよいです。先物取引は、現物取引とは違い、売りから取引を始めることもできます。そのため、ある商品が将来値下がりすると予測した場合は、売って利益を得ることもできます。さらに、証拠金を預けることで、少額で大きな資金を動かすことができます。

例えば、日本で有名な日経225先物の場合は、証拠金の数十倍もの取引が可能です。このことから、先物取引のメリットとは、的確な取引ができればリスクヘッジに使え、柔軟かつ効率的な取引である点だといえます。

CMEがビットコイン先物取引を年内開始へ

ビットコインの先物関連のニュースで、特に話題になっているのが、CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)が2017年内にビットコインの先物取引開始を目指していると発表したことです。CMEは、デリバティブ商品を中心に取引を提供し、その取引量は世界最大規模といわれています。

事の発端は、CBOEホールディングスの2017年内にビットコインの先物上場を目指す動きで、発表のあった夏から続々とデリバティブ商品を取り扱う企業が仮想通貨市場への参入を表明しているのです。また、ナスダックが2018年にビットコインの先物上場を目指しているという噂もあり、いっそう仮想通貨市場は加熱を見せています。

大手取引所が扱うことに意味がある

上で紹介した先物取引のメリットを踏まえると、CMEのような世界レベルの取引所がビットコイン先物を上場すると、各国の機関投資家やヘッジファンドの資金が仮想通貨市場に流入する可能性があるのです。

ビットコインは、仮想通貨の中でも最大の取引量を誇る商品ですが、為替や株に比べると、まだまだ個人投資家レベルの投資商品です。そこに機関投資家の資金が流入することを考えれば、現在よりも価格が上がると考えるのが自然で、そのことに期待感を示した投資家がビットコインを買うことにより高騰するのです。

店頭デリバティブなら既に先物取引が可能

海外主要取引所へのビットコイン先物の上場が話題になっていますが、実は店頭デリバティブでなら既に先物取引が可能です。店頭デリバティブとは、取引所などの公開市場を介さずに、当事者同士がデリバティブ取引を行うものです。日本国内のビットコイン取引量が多いbitFlyerですが、ここでもビットコインの先物取引(Futures)は提供されています。

ビットコインの先物取引はETF承認の布石

ビットコイン先物が上場すれば、これまでビットコイン投資を考える機関投資家の懸念事項だった、いくつかのリスクが解消されることになります。しかし、仮想通貨市場は、すでに先物上場について織り込んでいるという意見もあるのが事実です。

CMEのようなデリバティブ市場にビットコインが上場することによって、今度はビットコインのETFが承認される可能性があります。ビットコインのETFは、過去に申請を却下された経緯があり、その理由が「開かれた市場での価格に基づいていない」というようなものでした。

しかし、ビットコイン先物がCMEのような大きなデリバティブ市場に上場すれば、価格の裏付けが取れるようなものです。

ETFとは?

ETFとは、上場型投資信託のことです。投資信託ということで、顧客から集めた資金を使って、安定した運用成績が求められる機関投資家にとっては、かなり現実的な選択肢として考えられます。また、ビットコインがETFとして承認されれば、機関投資家がビットコイン投資をするための大義名分になる可能性があります。先物上場で、さらなる知名度を獲得して、そこからETF承認に繋がれば、ビットコインだけではなく、仮想通貨市場全体の底上げに繋がっていきます。

編集後記

ビットコインは、仮想通貨の盟主として、アルトコインをけん引してきました。いわば仮想通貨市場における基軸通貨のような存在で、そのビットコインが、先物そしてETFへと歩を進めることによって、想像できないような伸びを見せる可能性があるのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
ビットコイン新聞社編集部です。どんな生活をしている人間がこのサイトを運営しているのか気になる人はインスタグラムをご覧ください。編集部の日常を公開しております。仮想通貨の運用は全員合わせても3000万円程度です。保有銘柄はBTC、BCH、BTG、XRP、LTC、ADA、DOGE、ETH、XMR、XEM、TRX、XP、PAC、TIRG、その他には「Bankera」などのICOにもたくさん投資しております。

関連記事

  1. 確定申告の時期到来!ビットコイントレードにおける利益が出ている場合につ…

  2. 今後生き残るのはどの種類!?いま注目の仮想通貨をご紹介!

  3. HYIPっていったい何?ビットコイン投資詐欺の危険性

  4. 仮想通貨のコールドウォレットとホットウォレットの違いとは?

  5. ビットコインの基軸通貨としての可能性は?

  6. 合コンに仮想通貨のQRコード入りTシャツを着て来た奴がいたら我々はどう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

最近の記事 おすすめ記事

Official Twitter

編集部オススメ通貨現在価格





PAGE TOP

社説

出川組 VS 剛力組の抗争勃発か!?仮想通貨取引所の仁義なき広告戦争!!傍観する…

社説

確定申告の時期到来!ビットコイントレードにおける利益が出ている場合について

社説

ビットコインでもアービトラージ(裁定取引)ができるのは本当か?

アルトコイン

仮想通貨取引所「コインチェック」業務改善計画提出後の記者会見まとめ

アルトコイン

【悲報】ハッキングされた仮想通貨NEMが今でもダークウェブで購入できる状態に!?…

草コイン

【速報】XPがBITINDIA(ビットインディア)取引所の上場投票で上位獲得中!…

社説

あなたはネカマを見抜けるか?仮想通貨ブロガーにネカマが繁殖した理由とは?

アルトコイン

CoinCheck元社員が計画倒産を断言?書き込みしたネット掲示板の真贋を調査

社説

仮想通貨のコールドウォレットとホットウォレットの違いとは?

アルトコイン

【速報】コインチェックから5億2300万XEMが送られたアドレスが先ほどから稼働…