社説

仮想通貨のコールドウォレットとホットウォレットの違いとは?

仮想通貨の代表的な保管方法としてコールドウォレットとホットウォレットがあります。このコールドウォレットやホットウォレットの違いとはどのようなものなのでしょうか?

2018年1月26日に日本の仮想通貨取引所、コインチェック取引所で仮想通貨史上最高額のハッキング被害が起きたのは読者の記憶にも新しいかと思います。コインチェック取引所からハッキングされた仮想通貨の種類はNEMであり、当時レートで580億円相当にのぼる被害額だと大手メディアでも取り上げられました。

そして、その時にコインチェック取引所のNEMの保管方法としてホットウォレットを使っていたのか?それともコールドウォレットを使っていたのか?が注目され、この2つのウォレットの特性を初心者のユーザーでも調べるようになり、今では理解して使い分けている人が多くなっています。

今ひとつ理解できなかった人のために、コールドウォレットとホットウォレットの違いを解説します。

仮想通貨を保管するコールドウォレットについて

このようなウォレットがコールドウォレットになります。

これは冗談として、インターネット空間と完全に切り離された独立したウォレットのことをコールドウォレットと言います。コールドウォレットはオフライン環境下でも、スマートフォン端末内やパソコンのハードディスクなどに秘密鍵を設定しているものはコールドウォレットではありません。

代表的なコールドウォレットの種類としては、秘密鍵を紙にメモするタイプの「ペーパーウォレット」や、安全な専用デバイスなどで秘密鍵を管理する「ハードウェアウォレット」があります。ハードウェアウォレットの正規品としては、Ledger社の「Ledger Nano S 暗号通貨ハードウェアウォレット」が有名です。なかなか手に入らない商品であり、日本では株式会社EarthShipが正規代理店としてこの製品を販売しています。ちなみに正規品以外のハードウェアウォレットや、人から貰ったハードウェアウォレットはかなり危険だそうで、そのリスクは書かなくてもなんとなく想像がつくかと思います。

コールドウォレットのメリットとは?

コールドウォレットで仮想通貨を保管すると、悪意を持った第3者や、クラッカーからの不正アクセスにより、仮想通貨が盗まれるリスクが激減します。コールドウォレットはインターネット空間に接続された取引所のウォレットに比べると、ハッキングは到底不可能と言っても過言ではありません。

コールドウォレットのデメリットとは?

代表的なコールドウォレットとして秘密鍵を紙にメモするタイプの「ペーパーウォレット」などは、物理的に秘密鍵を保管しておく必要があります。そのため、メモを失くしてしまった場合やメモ自体が間違っていた場合、現実世界の強盗や窃盗に対するリスクは残ります。

とは言っても、失くしてしまうのは自己の管理責任であり、窃盗や強盗犯が仮想通貨のハードウォレットの秘密鍵目的で空き巣に入る確率はかなり低いと言えます。

海外では過去に億り人が5000万円ほど強奪された事件がありました。金を持っていることを周りに自慢していたようです。

仮想通貨の儲けを自慢していたブロガー、縛られ約5000万円奪われる【ロシア】
ロシアの仮想通貨投資家兼ブロガーのパヴェル・ニャシン氏が14日、自宅に侵入した強盗に襲われ2400万ルーブル(約4700万円)を強奪された。現地メディアが伝えた。

ニャシン氏はマスクをした強盗グループに縛られ殴打された挙句、重要な書類や現金が入った金庫を奪われた。強盗グループはその後、ニャシン氏宅の電化製品を全て破壊した後ベンツで逃走したという。(出典:コインテレグラフ

コールドウォレットに仮想通貨を保管しておくと、支払い決済などには使いにくいことから、中長期の保管目的で活用され、日常の財布には別のホットウォレットを併用することが一般的です。

仮想通貨を保管するホットウォレットについて

ホットウォレットとはこのようなウォレットのことを言います。

これは冗談として、ホットウォレットとは、インターネットにパソコンなどの端末を接続し、仮想通貨の売買操作などが行えるウォレットのことです。瞬時に送金や、決済などができる仮想通貨の利便性を損ねないため、ホットウォレットには日常生活に必要な金額くらいの仮想通貨を保管しておくのが望ましいと言えます。代表的なものとして、パソコンに置いておく「デスクトップウォレット」や、ネットワーク上にある「ウェブウォレット」、スマートフォンに入れる「モバイルウォレット」などがあります。

仮想通貨取引所や、仮想通貨を使った決済システムや送金アプリでは、顧客がデポジットしている仮想通貨のごく一部をこのホットウォレットで管理しています。そして、このホットウォレットのセキュリティ対策は取引所によってまちまちであることがコインチェック取引所のNEM580億円ハッキング事件で明らかになりました。

通常の取引所であればコールドウォレットと併用して仮想通貨を運用していることが多く、レジに置いてあるお金と金庫に保管して置いてあるお金の違いのように、コールドウォレットで大半の仮想通貨を保管するのがリスクヘッジを考えると当然です。あるいはホットウォレットに内部留保資金の一部、もしくは取引総量に見合ったごくわずかな割合の仮想通貨を入れておくべきです。

しかし、これをコインチェック取引所は怠っており、顧客から預かっているNEMのほとんどをホットウォレットに入れて管理し、ハッキングされるリスクを負っていたのです。新しい取引所を利用する際には、仮想通貨の保管方法は必ず調べておきたい重要な運営情報だと言えます。

ホットウォレットのメリットとは?

インターネットに接続されているため、決済や送金などにすぐ使うことができます。ビットコインやアルトコイン、草コインなどの価格の値動きに対して、瞬間的に仮想通貨の売り買いをし、短期でトレードする際には、俊敏性があるホットウォレットが活用できます。コールドウォレットのようにメモ紙やUSBがないため、物理的に紛失したり、強盗や窃盗に遭い盗まれるリスクは皆無と言えます。

ホットウォレットのデメリットとは?

インターネット上でウォレットが繋がっているため、クラッカーなどから不正アクセスの標的になることがあります。ハッキングされてしまった場合は、取り返すことはほぼ不可能です。

編集後記

コールドウォレットとホットウォレットの違いがこれで理解できたでしょうか?簡単に言うと、USBメモリやSDカードでバックアップを取っておくのと同じような感覚です。

両方のウォレットをうまく使い分けるのが一番です。例えば長期保管したいアルトコインはコールドウォレットに入れて保管する、草コインなどの短期で一気に上がったり下がったりする仮想通貨は少額をホットウォレットに入れて短期取引をする、といった形です。

仮想通貨取引所は、あくまで仮想通貨を取引する場所であり、販売している場所です。仮想通貨の取引もしない、購入した仮想通貨を他の取引所で運用する予定もない方は、さっさとコールドウォレットにしまって、数年後に値上がりした時にウォレットから取引所に移し、フィアット通貨に換金すれば良いのです。フィアット通貨とは、日本円やドルなどの法定通貨のことです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
ビットコイン新聞社編集部です。どんな生活をしている人間がこのサイトを運営しているのか気になる人はインスタグラムをご覧ください。編集部の日常を公開しております。仮想通貨の運用は全員合わせても3000万円程度です。保有銘柄はBTC、BCH、BTG、XRP、LTC、ADA、DOGE、ETH、XMR、XEM、TRX、XP、PAC、TIRG、その他には「Bankera」などのICOにもたくさん投資しております。

関連記事

  1. ビットコインがどこまで伸びるかは可能性に気づけるかどうか

  2. ビットコインとは一体なんなのか?

  3. ビットコインの価格変動が激しいのは市場規模や流動性が関係している

  4. ビットコイン取引量は日本が一番の謎に迫る

  5. ビットコイン振り込め詐欺発生!250万円を騙し取られる

  6. ビットコインの基軸通貨としての可能性は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

最近の記事 おすすめ記事

Official Twitter

編集部オススメ通貨現在価格





PAGE TOP

社説

出川組 VS 剛力組の抗争勃発か!?仮想通貨取引所の仁義なき広告戦争!!傍観する…

社説

確定申告の時期到来!ビットコイントレードにおける利益が出ている場合について

社説

ビットコインでもアービトラージ(裁定取引)ができるのは本当か?

アルトコイン

仮想通貨取引所「コインチェック」業務改善計画提出後の記者会見まとめ

アルトコイン

【悲報】ハッキングされた仮想通貨NEMが今でもダークウェブで購入できる状態に!?…

草コイン

【速報】XPがBITINDIA(ビットインディア)取引所の上場投票で上位獲得中!…

社説

あなたはネカマを見抜けるか?仮想通貨ブロガーにネカマが繁殖した理由とは?

アルトコイン

CoinCheck元社員が計画倒産を断言?書き込みしたネット掲示板の真贋を調査

社説

仮想通貨のコールドウォレットとホットウォレットの違いとは?

アルトコイン

【速報】コインチェックから5億2300万XEMが送られたアドレスが先ほどから稼働…