アルトコイン

重要部分のみ書き起こし!580億円のハッキングでコインチェックが記者会見(画像付)

本日1月の26日、午前3時頃にコインチェックから現在のレートにすると580億円分のネムがどこかに送信されたのを検知しました。コインチェックのCEOとCOO、それから弁護士の先生を含めて御三方が会見に現れました。

コインチェックハッキングで記者会見の写真

コインチェックハッキング状況時系列

【11:25】ネムの残高が減っていることを検知
【11:58】ネムの入出金停止
【12:57】ネムの売買を停止
【16:33】日本円を含む全通貨の一時停止
【17:23】ビットコイン以外のすべての売買停止

金融庁と警視庁に報告済。ネム財団、およびネムを扱う取引所に要請して追跡を行なっている。

コインチェックハッキングで記者会見の写真

580億円は顧客の資産か?
そうです。人数については今回調査しており何名になるか規模もわからない。規模感もわからない。

大体の顧客の名前はわかるのか?
わからない。

無くなったネムの保証はされるのか?
現在検討中です。

取り返すことはできるのか?
調査中です。

580億円は保証できるのか?
精査中です。お客様にできるだけ迷惑がかからないように対応したい。セキュリティは最優先でやっていた。

コインチェックハッキングで記者会見の写真

日本経済新聞
去年の韓国の取引所でハッキングがあったが警戒していたのか?
警戒していた。

怪しいメール届いたとかあるか?
確認できていない。

ネム以外の通貨は?
ネム以外はない。確認されていない。

ホットウォレットに入っていたのかオンラインで管理していたのか?
コールド管理はしていない。理由はシステム的に難易度が高いから。

ホットウォレットとは、インターネットを通じて仮想通貨の操作を行うことができるタイプのウォレットを言います。インターネットに接続されているため、クラッカーなど不正アクセスの標的になることもありますが、取引所や決済・送金アプリなど、リアルタイムで送金を行う必要があるサービスでは、仮想通貨の利便性を損ねないため、多くの場合一部をホットウォレットとして運用しています。ホットウォレットのセキュリティ対策は事業者によってまちまちですが、通常コールドウォレットと併用して運用されることが多く、銀行口座と持ち歩く財布の違いのように、コールドウォレットで大半の仮想通貨を保管し、ホットウォレットにはごくわずかな割合だけを入れておく使い方をします。これは、利用者としても意識しておきたい重要な点だといえます。(出典:ビットバンク

オンラインのところで管理していて抜かれた?
はい。

コインチェックハッキングで記者会見の写真

TBS
ハッキングでいいか?
まあ不正アクセスということでございます。

時事通信
今回の取引を取り消すことはできるのか?ハードフォークはあるのか?
ハードフォークは私たちの方ではできない。財団の方からはできかねる回答。

いつまで機能は停止なのか?
安全に提供できるまで。今のところ未定。

日経新聞
金融のバックグラントがない中でこのような自体になり認識が甘かったのではないか?
私たちのできる限りの十分の対応でやらせてもらった(和田代表回答)

コインチェックハッキングで記者会見の写真

オンラインで保管すべきではないものを保管しておいて何か反省などあるか?
深く反省しております。

セキュリティの優先順位を間違っていないか?
深く反省しております。

読売新聞
ネム以外を保有している顧客の資産は大丈夫か?全額戻るのか?
その点に関してはネムも含めて会社として対応方法を検討中です。

ネム以外の資産は御社はいくらか?
まず13種類の通貨があります。正しい数字を確認している。わかり次第報告します。

取引規模は年間でどれくらい?
正しい数字を確認している。わかり次第報告します。

割合もわからないのか?
確認中です。

ネムの保有者は把握しているか?
データベースにはある。全体の取引は把握しているので確認中です。

コインチェックハッキングで記者会見の写真

NHK
不正アクセスは国内か国外か?
IPアドレスを追跡して調査中です。

580億円相当の資産が消えて顧客のデータはバックアップは全部ある?
取引データはあります。

ビットコインの売買だけできるのはなぜか?
私たちは販売所を停止しており取引所は稼働させる方針です。

ネムは戻ってこない?取り戻せない?
送った先から、さらに送った先を探して把握できるかもしれないです。

オフラインにする技術的な難しさは投資か人か?
人材不足です。

それを先に優先すべきでは?
今回の事象までに間に合わず申し訳ない。

全ての取引について復旧は未定か?
ビットコインの売買はあるけどそれ以外は全部未定。

朝日新聞
気がつくまでに8時間30分くらいあるようだが、いつ気がついたのか、気がつくのになぜこんなに時間を要したのか?
長い長くないかは感覚になるが、我々が気がついたのはこの時間だった。

どういう異常なのか?
ネムの残高が大きく減っていることに気がついた。

アラートがあるのか?
そのアラートがあった。それで気がついた。

100億円とか200億でアラートはならないのか?
事象の確認をしているので詳しくはあとで説明します。

500億円でアラートが鳴ったのか、どの時点で鳴ったのか?
私の手元のデータではわからない。

日経新聞
保証は何がありえるか?どいう方法があるか?取り返せるかもしれないのか?取り返すの保証するのどちらなのか?誰がやったのかわからないのにいつどこで保証するのか?サービスのどこからどこまで保証するのか?
我々でこれから検討。

現金を預けている人はロックされているのはなぜか?どう対応するのか?
ネムを持っている人の規模はそこまで多くないと思うので、そこも含めてどのような対応をするか検討する。現在手元に資料がないので調査中です。

金融庁の仮想通貨取引の許可を受けてないがCMを出しており、現在の許可はどうなっているのか?
登録できる前提でCMを出し登録者を集めている。

許可の目処も立っていないのか?
私たちは登録できる感触はある。

現在も許可取得を進めていく計画か?
そうです。

刑事告訴はできるのか?
まだそこもどのように対応するか決定していない。

御社が狙われたのはなぜか?他の取引所よりもセキュリティが甘くないか?
甘くない。セキュリティ低かったからという認識ではない。

朝日新聞
ウォレットにマルチシグはあったのか?
・・・

セキュリティが甘くないか?マルチシグが普通なのに甘くないか?
・・・我々としてはやれることをできる限りやっていた。

コインチェックハッキングで記者会見の写真

御社のロードマップにマルチシグはあったのか?
他の優先順位高いところもあったけど、具体的にはない。

コインチェックハッキングで記者会見の写真

セキュリティがやっぱり甘かったのではないか?
・・・申し訳ありません。一部の通貨にはマルチシグに対応している。かかっているものとあるものもある。通貨の性質としてかかっていないものもある。

マルチシグとは?

通常のビットコインアドレスとは違い、マルチシグのアドレスはビットコインを送付するために複数の署名が必要です。必要な署名の数は「2/3」のように分数で表されます。この場合「事前に作られた3つのプライベートキーの内、2つのキーでの署名が必要」という意味になります。マルチシグを採用することで高セキュリティのウォレットを構築できます。最重要データであるプライベートキーが1つ漏洩しても、別のキーがなければビットコインの送付が出来ないからです。攻撃者が2つ以上の別々の設計のプラットフォームに同時に侵入することは非常に困難です。またマスターキーをひとつ持たせ、それをネットワークに接続していない安全な場所に保管することで万が一プライベートキーを紛失したときの保険になります。マルチシグはセキュリティーを追求した、最新のビットコインテクノロジーです。(出典:ビットフライヤー

なぜかあまり書いている人は少ないのですが、通常のビットコインアドレスは1から始まりますが、マルチシグのアドレスは3から始まります。3から始まるビットコインアドレスを見たことがある人もいると思いますが、それはマルチシグ対応のアドレスだということです。(出典:ビットコインダンジョン

資産が毀損した場合については規定が無いの?規定は書いてあるの?
条項はない(弁護士)

コインチェックハッキングで記者会見の写真

ケースバイケースでいいか?
客の資産を第一に考えていく。会社としての決定を出していく。

コインチェックハッキングで記者会見の写真

なぜ狙われたかわかるか?
わからないです。

580億円は保証するのか取り返して保証する以外に全額保証する手段はあるのか?
保証なども含めて検討中。

本社前に利用者が集まっているようだがなぜキャッシュも出せないのか?なぜ日本円もロックしている?
どのような対応が一番良いのか検討しているから。

キャッシュを降ろす作業にリスクがあるのか?
全体としてどのような対応がよいのか検討しているから出せない。

コインチェックの登録者数はどのくらい?
公表するかは株主も含めて相談しないと申し上げれない。

なぜ公表できない?
株主を含めないと申し上げれない。私たちの一存ではわからない。

コインチェックハッキングで記者会見の写真

なぜ金融庁から許可が出ていないのにCMなどで新規顧客の獲得をしていた?事業は継続できるのか?たたむのか?
基本的には継続。方法も含めて検討しております。

手元に資金はいくらある?580億円はあるのか?
その具体的な数字は私たちだけでは決められない。株主をふくめて相談しない限り。

株主構成は?
和田、大塚、ベンチャーANRI、投資ファンドのウィル・・・

お2人は株を相当持っているのでは?大株主じゃないのか?
それは公表する話ではない。株主と確認したい。

テレビ東京
従業員は?
80人、開発が40人。

顧客と保証について話す場を作るのか?
そのつもり。

危機感はあったの?
あった。

システム障害を昨年起こしたが今このような事件を起こして振り返って思うことは?
セキュリティは最優先だったが・・・申し訳ない。

マルチシグをなぜ無視した?その経営責任は?ネム財団はそれを推奨していたはずじゃないのか?
優先順位を高くしていたが・・・申し訳ない。

過失はないか?
そうですね・・・、 この場では過失については回答を差し控えさせてください。(弁護士横から)

コインチェックハッキングで記者会見の写真

ホームページなどにある日本最大はハッタリか?
ビットコインの取引高は客観的に見て最大という形で使わせていただいている。株主と確認してから資産を公開したい。

企業としてそのような体制で良いのか?
資産を開示するかしないかは検討している。検討する必要があると私たちは考えている。

共同通信
外部の第三者に救済は要請するのか?どこかの企業と資本提携するのか?
今後どうするかは検討。選択肢としてはあるが議論している。現時点においてはまずは、お客様の資産をどうするかを議論している。

なぜネムを扱っていたのか?
ネムは私たちの中で、私たちの中で判断したから扱っている。

何か魅力とか特徴が?
・・・

発言量が和田代表の発言が少ないが発言者の振り分けはあるのか?和田がお飾りに見える。
和田が開発を統括、大塚が経営だから。

顧客の資産は守られるのか?
その内容はどのように対応するか検討している。

保証される可能性もある?最終的に検討した結果は現金とか戻すのか?現金が返って来ない可能性はあるのか?ネム以外は守られる?
弊社としては守ることを最優先に活動している。

ネム以外の資産は保証されない?
今回の発生した事象にもよる。

他の通貨でも毀損があるのか?
毀損内容については確認中。

毀損とは流出のことか?
はいそうです。

不可抗力だと思っていないか?他の取引所でも起こるか?セキュリティ万全だったのか?
事象が確認できてから答えたい。

日経ビジネス
なりすまし不正ログイン100万円まで保証とあるが、これは実施済みか?
今回の保証とは別。IDパスワードでなりすましてアカウントにログインした場合が対象。

これは実施済み?
まだです。実施する中で検討した方が良いことがわかったため。

マルチシグをなぜやらない?
・・・申し訳ない。

月間の売り上げなどを投資家の方がいるのになぜ公開しない?
・・・株主と話してからではないと答えられない。

なんで会見はここでやることにしたのか?東証で会見開く会社が出来高も売り上げも明かさないのが考えられない。基本的な情報だと思うが。
現在検討中です。(和田代表回答)

社内的に公開を嫌がっているのか?
公開するかどうかもふくめて株主と確認する。

株主の発言権が大きいのか?株主に聞かないと経営の判断はできないの?筆頭株主は誰か?
和田です。(会場失笑)

顧客に対応するコールセンターは何人?
50人。

増やすのか?
200人規模300人規模にする予定。

前から増やす予定か?
はいそうです。

今回たくさんの人がインターネットで見てるが何かカメラを通して言うことはあるか?
・・・申し訳ないと思っている。

コインチェックハッキングで記者会見の写真

最悪のケースは何か?
最悪のケースは顧客の資産が毀損すること。

ご自身は仮想通貨持ってるの?
それについても今は株主がいないと・・・

以下省略

コインチェックハッキングで記者会見の写真

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
ビットコイン新聞社編集部です。どんな生活をしている人間がこのサイトを運営しているのか気になる人はインスタグラムをご覧ください。編集部の日常を公開しております。仮想通貨の運用は全員合わせても3000万円程度です。保有銘柄はBTC、BCH、BTG、XRP、LTC、ADA、DOGE、ETH、XMR、XEM、TRX、XP、PAC、TIRG、その他には「Bankera」などのICOにもたくさん投資しております。

関連記事

  1. リップル(XRP)は毎週火曜日に大口取引発生?仕手が暗躍する仮想通貨市…

  2. 【悲報】ハッキングされた仮想通貨NEMが今でもダークウェブで購入できる…

  3. ビットコイン2回目のハードフォークによるビットコインゴールドについて

  4. 【悲報】ビットコイン取引所「コインチェック」で620億円以上が不正に引…

  5. 出川組 VS 剛力組の抗争勃発か!?仮想通貨取引所の仁義なき広告戦争!…

  6. 【速報】コインチェックから5億2300万XEMが送られたアドレスが先ほ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

最近の記事 おすすめ記事

Official Twitter

編集部オススメ通貨現在価格





PAGE TOP

社説

出川組 VS 剛力組の抗争勃発か!?仮想通貨取引所の仁義なき広告戦争!!傍観する…

社説

確定申告の時期到来!ビットコイントレードにおける利益が出ている場合について

社説

ビットコインでもアービトラージ(裁定取引)ができるのは本当か?

アルトコイン

仮想通貨取引所「コインチェック」業務改善計画提出後の記者会見まとめ

アルトコイン

【悲報】ハッキングされた仮想通貨NEMが今でもダークウェブで購入できる状態に!?…

草コイン

【速報】XPがBITINDIA(ビットインディア)取引所の上場投票で上位獲得中!…

社説

あなたはネカマを見抜けるか?仮想通貨ブロガーにネカマが繁殖した理由とは?

アルトコイン

CoinCheck元社員が計画倒産を断言?書き込みしたネット掲示板の真贋を調査

社説

仮想通貨のコールドウォレットとホットウォレットの違いとは?

アルトコイン

【速報】コインチェックから5億2300万XEMが送られたアドレスが先ほどから稼働…